2022年カレンダー

皆さまにおかれましても新型コロナウイルスにより様々なご苦労があることと思います。

2022年がより良い年になることを祈念しまして、2022年カレンダーを作成いたしました。表紙は、2021年に登録したRhyncholaeliocattleya L’Air du Tempsです。

1部 1,500円 A2版 7ページ(表紙を含む)+ 宅急便送料 ですので、ご興味があれば是非、mailbox@cattleyart.comまでお問い合せいただければ幸いです。

2022年が良い年になりますように!

C.Snow Field ‘#1’

懐かしさを感じるカトレアらしい花が咲きました。親は、C.Spring ClimaxC. Picassoで、品種的には新しいものではありませんが、次の時代にも残していきたい花のひとつです。

この株は、千葉の蘭屋さんに行ったおりに、N.S.24cmで咲いていた株を分けてもらったものです。当初は、C.Spring Climaxとその蘭屋さんは言っていましたが、しっかりラベルを確認したところ、C.Spring Climax C.Picassoという交配で切り花向けにロッドマクレランから輸入された中の選抜株ということがわかりました。今回は、N.S.17cmオーバーで2輪でしたが、24cmで咲いていた時の株は、バルブ数も多い大株で葉の高さも50cmを超える株でしたので、満作にするにはあと数作する必要があるかと思います。

分け株がありますので、もしご興味があれば、是非、mailbox@cattleyart.comまでお問い合せいただければ幸いです。

2021年カレンダー

皆さまにおかれましても新型コロナウイルスにより様々なご苦労があることと思います。

2021年がコロナに負けない良い年になることを祈念しまして、2021年カレンダーを作成いたしました。

2021Calendar

 

11,500円 A27ページ(表紙を含む)+ 宅急便送料 ですので、ご興味があれば是非、mailbox@cattleyart.comまでお問い合せいただければ幸いです。

 

2021年が良い年になりますように!

 

Dr. Courtney Hackney’s Cattleya

米国のアメリカンカトレアの著者Dr. Courtney Hackneyさんが、最近咲いた花の写真を送ってくださいました。日本ではあまり見慣れない素晴らしい花ですので、今回紹介いたします。

C Serengeti Sands ‘Dark Knight’ aka ‘Rosemarie’

Blc.Serengeti Sandsは、2008年にDr. Courtney Hackneyさんが作出登録した品種で、親は、Blc.Teresa’s SmileとC.tigrina(C.leopoldii)です。私は、初めて見る花で、非常にインパクトがあり、花の大きさもC.tigtinaの子供にてはずいぶん大きな印象です。Blc,.Teresa’s Smile(Lc.Amber Glow x Blc. Edisto)に何でC.tigrinaをかけ合わせたのかをDr.Hackneyに質問したところ、次のコメントを頂きました。やはり、交配というのは、非常に奥の深いものだと改めて思いました。

Dr,Hackneyのコメント(わかりやすくするため意訳をしていますので、ご了承ください)  私の交配Rlc. Serengeti Sandsは、昔の交配種Lc. Summerland Girl(訳者注釈:C.tigrina x Lc.Grandee (1937) 1967年Jones & Scully登録)を再創出しようと目論んだものでした。たいへん昔、私は交配種Lc. Summerland Girlの花をたくさん見ましたが、悲しいことにこの交配では、リップが大きすぎるものがほとんどです。私のBlc.Serengeti Sandsの交配では、Rlc Teresa’s Smile ‘Spade Lip’をリップを小さくして花のバランスを良くするために用いました。一番の驚きは花の大きさで、片親がC.leopoldiiだというのにBlc.Serengeti Sandsは、N.S.15cmの花を咲かせます。下の写真は、親のTeresa’s Smileですが、たくさんの黄色の先祖を持っているにも拘らず黄色より赤が勝っています。

C Teresa’s Smile ‘Hackneau’s Spade Lip’

 

I would like to introduce Dr. Courtney Hackney’s extremely attractive cattleya which is not familiar in Japan.

I have never heard the name Blc.Serengeti Sands and I searched on the RHS Orchid Register. I find out that Blc.Serengeti Sands is Dr.Hackney’s hybrids. Blc. Serengeti Sands has strong impact. I asked Dr.Hackney why you crossed C.tigrina with red yellow cattleya, he kindly gave me following comments.

I really thought once again that hybridizing is a very deep thing.

Dr. Courtney Hackney’s comments;

My cross of Rlc Serengeti Sands was my attempt to recreate an old hybrid, Lc. Summerland Girl. I saw many of this hybrid bloom many years ago. Sadly, the cross produced many seedlings with lips that were too large. In my cross I used Rlc Teresa’s Smile ‘Spade Lip’ to reduce the lip size and make it proportional to the flower. The biggest surprise was flower size, which can be 15cm natural spread. A surprise given that one parent is C leopoldii (syn tigrina). As you can see from the photo Teresa’s Smile is more red than yellow, despite a lot of yellow ancestors.

May 29th 2020 Blue Impulse

Japan’s ASDF Blue Impulse salute medical workers on the frontline of COVID-19.

Blue Impulse flew over the Tokyo central area. 

Thank you for everybody who fight and suffer against new corona virus.

Blue Impulse in the blue sky

Stunning formation flight

Tokyo Sky Tree and Blue Impulse

Blue Impulse with moon?

Lc. Fordyce Heritage ‘Maruga’

Lc.Fordyce Heritage ‘Maruga’

cattleya picture
flower width

今回紹介する花は、Lc. Fordyce Heritage ‘Maruga’です。この花は、約20年以上前に故新居義久さんが、C.Horace x Lc.Boudoir という交配名でAM/JOSで入賞させていたものですが、まだRHSの登録がなされていませんでした。今回の花の株は、まだ完全な状態のものではありませんでしたが、N.S.19cm、3輪の開花です。非常に大きくフラットに咲くので、交配親に使用できるのではないかと思い、新居さんのカトレアに詳しい方々にお伺いしたところ、これは新居さんの交配では無くアメリカからの実生輸入株だということがわかりました。そこで、アメリカのカトレアエキスパートDr. Courtney Hackneyさんに相談したところ、まだMr.Frank FordyceさんがRod McLellan Co.にお勤めだったころの交配であることがわかりました。

Mr.Frank Fordyceさんは、Slc.Hazel Boud, Slc.Madge Frdyce, Slc.Cicle of Life他素晴らしいミニ・ミディ系のカトレア作出者として有名ですが、大輪のカトレアも作出されていました。Lc. Fordyce Heritageの親のLc.BoudoirもMr.Frank Fordyceさんがoriginatorです。

残念ながらMr.Frank Fordyceさんは、2011年にお亡くなりなられているので、Dr. Courtney Hackneyさんが、お嬢様のMs.Sue Fordyceさんにネーミングの許可をとってくれました。 数十年だってからの登録ですが、今でも十分見ごたえのある花です。

偉大な蘭の芸術家であるMr.Frank Fordyceさんに感謝の気持ちを込めて、この交配をFordyce HeritageとしてRHSに登録しました。

C.Horace x Lc.Boudoirをお持ちの方は、Lc. Fordyce Heritageとラベルをつけてあげてください。mailbox@cattleyart.comへのコメントをお待ちしております。

 

I would like to introduce Lc.Lc.Fordyce Heritage ‘Maruga ‘ . This variety C.Horace x Lc.Boudoir is not new as it was awarded on Japan Orchid Society several decades ago. The grower and exhibitor was the late Mr.Arai who is very famous cattleya hybridizer in Japan.

This pictured flower is very large and flat, so I thought this clone could be a good parent. I consulted with several Japanese orchid experts who know well about Mr.Arai’s hybrids to register this plant. As a result, this plant was one of imported seedling from the U.S. Then I consulted American Cattleya experts Dr. Courtney Hackney who is the author of American Cattleyas. Thanks to his efforts, the originator was found out as incredibly famous hybridizer, the late Mr. Frank Fordyce. Mr. Frank Fordyce is very famous as a creator of Slc.Hazel Boud, Slc.Madge Frdyce, Slc.Cicle of Life and other wonderful mini-midi type cattleya, but he also produced a large cattleyas. Lc. Boudoir, the parent of Lc. Fordyce Heritage, is also Mr. Frank Fordyce’s production.

So, Mr.Fordyce has passed away, I got naming permission from his daughter Ms.Sue Fordyce through Dr. Courtney Hackney. Thanks to Mr. Frank Fordyce, a great orchid artist, I have registered this cross with RHS as a Fordyce Heritage. Please leave your commets to mailbox@cattleyart.com

Lc.Taida Swan ‘Taida’

世界各国で新型コロナウイルス深刻な影響がでていますが、皆で協力して頑張れば、克服できると信じています。

The new coronavirus has been seriously affected in many parts of the world, but we believe that if we work together we could overcome it.

今回紹介するのは、セミアルバのLc.Taida Swan Taida’です。この品種は、2001年の登録でさほど新しい品種ではありませんが、セミアルバの交配を紐解く上でよい例になるのではないかと思います。

Lc.Taida Swan
Lc.Taida Swan

 以下にLc.Taida Swanの交配系統図を示します。見にくい場合は、Taida Swanをクリックしてください。なお、緑色のC.Rita Reneeは、一部省略して記載しています。

Lc.Taida Swan

御覧の通りLc.Taida Swanの原種構成においては、C. warscewiczii、C.Mossiae、C.gaskelliana等花の大きい雄大な原種が多く用いられており、花形を良くするC.trianae、リップの色を良くするC.dowianaが散りばめられているがわかります。また、Lc.Taida Swanの構成の内、旧Laelia系統でペタルをフラットにするL.pumila、強健でリップの美しいL.purpurataが交配の初期に使用されています。

セミアルバ作出の交配の初期においては、C. warscewiczii ‘Frau Melanie Beyrodt’、C.mossie reineckiana ‘Young’s variety’が使用されていたと言われています。しかし、ここで注意したいのは、Lc.Mildred Rivesの祖父にあたるブルーで記載したC.mossieと黄色で記載したC.Enidです。RHSの記録の上では、片方は原種、もう一方は登録の古い一代交配種となりますが、実際に使用されていたのは、非常に進化したC.MossiaeおよびC.Enidであることです。1900年代初期から1970年位まで、米国ではカトレアの切り花産業が非常に盛んで、その中でもC.mossie は主力の品種であり、C.Mossiae(シブリング、セルフ等の交配品種)が大量に生産されていました。その中で花形が大きく花弁がフラットに咲く強健なC.Mossieが選別されて、それらを基にまた新たな改良されたC.Mossiaeが誕生していきました。同様にC.Enidも選抜、改良が行われ初期のC.Enidから数段かけ離れた進化を遂げたと思われます。ちなみに、非常に色が濃くて整形のC.mossiae ‘Willlowbrook’もシブリング、セルフ等の交配が繰り返されて作出された交配種です。

私見ですが、セミアルバの交配について特に大きな貢献をしたのは、米国のOrchidhavenと呼ばれていたThe Patterson nurseryのMr.Harold Pattersonさんだと思います。オールドカトレアファンには、懐かしいLc. De Loris Ziegfeld(Lc.Princess Margaret x C.R. Cadwalader), C. Catherine Patterson(C.Enid (1898) x C. Mrs. Frederick Knollys)もMr.Harold Pattersonさんの作品です。

また、Lc.Taida Swanに非常に近い交配にLc.Orglade’s Grand(Lc.Mildred Rives x Lc.Persepolis)があります。どちらも素晴らしいセミアルバですが、今後どのような進化を遂げるかたいへん楽しみです。

なお、Lc.Mildred Rivesについての詳しい解説が、スタンダードカトレアの会の会長の小宮山さまのブログ:https://ameblo.jp/catparadise2316/entry-12471939834.htmlにありますので、是非ご覧いただければと思います。

Lc.Oglades Grand

今回は、新たに交配系統を載せてみましたが、わかりずらいでしょうか。mailbox@cattleyartへご意見等をいただけましたら幸いです。

この文章は、Dr.Hackneyさん、Mr.A.A.Chadwickさん、Mr.H.Yamamotoさん他の本を参考にして記載しましたが、全ての文責は私にあります。

This time, I would like to introduce Lc.Taida Swan’Taida ‘ Semi Alba cattleya. This variety is not so new as it was registered in 2001, but I think it will be a good example for studying semi-alba cross.

The following shows the mating system diagram of Lc.Taida Swan. Part of the green C. Rita Renee is omitted.

Taida Swan

You can see, in the species composition of Lc.Taida Swan, many large majestic species such as C. warscewiczii, C. Mossiae, C. gaskelliana are used, and C. trianae that improve flower shape, C. dowiana that add the passionate lip color are scattered.

Also, among the Lc.Taida Swan’s composition, L.pumila, which flattens the petal in the former Laelia strain, and L.purpurata which has a strong and beautiful lip, are used in the early stages of hybridizing.

It is said that C. warscewiczii ‘Frau Melanie Beyrodt’ and C. mossie reineckiana ‘Young ’s variety’ were used in the early stages of hybridizing for aiming fine semi-alba. What I would like to note here are C.mossie described in blue and C.Enid described in yellow, which is the grandfather of Lc.Mildred Rives. According to RHS records, one is the original species and the other is an old registered first-generation hybrid, but what was actually used was the highly evolved C. Mossiae and C. Enid.

From the early 1900s to around 1970, the Cattleya cut flower industry was very active in the United States, of which C.mossie was the main variety and C.Mossiae (hybrid variety such as sibling and self) was produced in large quantities. Among them, strong C. Mossie with large flower shape and flat petals were selected, and based on them, a new and improved C. Mossiae was born. Similarly, C.Enid is also selected and improved, and it seems that it has evolved several steps away from the initial C.Enid. By the way, C.Mossiae ‘Willlowbrook’, which has a very dark color and is well shaped, is also a hybrid produced by repeated hybridizing such as sibling and self. In my opinion, Mr. Harold Patterson of The Patterson nursery, who was called Orchidhaven in the United States, made the most significant contribution to the breeding of semi-aruba. For old cattleya fans, the nostalgic Lc. De Loris Ziegfeld (Lc.Princess Margaret x CR Cadwalader), C. Catherine Patterson (C.Enid (1898) x C. Mrs. Frederick Knollys) are also works by Mr. Harold Patterson. A detailed explanation of Lc.Mildred Rives can be found in the blog of Mr. Komiyama, chairman of the Standard Cattleya Society: https://ameblo.jp/catparadise2316/entry-12471939834.html. This time, I added a progency chart.   We would appreciate it if you could send us your comments to mailbox @ cattleyart.

I wrote this sentence with reference to Dr. Hackney, Mr. A. A. Chadwick, Mr. H. Yamamoto and other books, but I own all the responsibility.

Dr. Courtney Hackney allowed to up his comments and picture of Dr.Courtney’s Lc.Mishima Flash.

cattleya picture
Lc.MIshima Flash ‘#13’

You may remember that I love the semi alba cattleyas, so happy to see your link.  It was a difficult color combination for early hybridizers to stabilize, largely because of the species that provide the key genes.  C Rita Renee ‘Matriarch’ was one as was the 4N C Enid v alba.  There was a hybrid that I think was first made in Japan, Lc Mishima Flash.  I made it also using Lc Melody Fair ‘Carol’ x Lc Starting Point ‘Unique’.  Both have C Enid v alba in their backgrounds and are tetraploids.  Lc Melody Fair has a large dose of trianaei, which adds the form to progeny.  The Lc Starting Point ‘Unique’ has an attribute very different than other clones of the grex in that the flower is very “flat” compared to other clones of the cross, which is how it got the clonal name ‘Unique’.  Every seedling I have bloomed from my cross has been excellent.  My bet is that there are also some great clones of the original cross in Japan. The hybrid should be remade in Japan as it is a great hybrid.

I would like to receive cattleya freaks comments.

 

Pot. Paxton Brooks ‘Sunset Glow’

今回は、日本であまり知られていない花を紹介いたします。

Pot.Paxton Brooks
Pot.Paxton Brooks

Pot.Paxton Brooksは、現在の属名では、3属間交配のRhyncattleantheという複雑な名称となっていますが、Cattleya属とRhyncholaelia属のdigbyana(Brassavola digbiana)、Guarianthe 属のaurantiaca を祖先にもつ交配種という位置づけです。新しい属名表記は、遺伝的に近いものを属として分類していくとのことですが、今までのカトレアの交配の歴史から考えると園芸的なセンスとはかなり乖離した属分けになってしまっていると感じています。この新しい属名区分について、非常に違和感を持っていることの一つが旧称ソフロニティスとされていた coccinea等をCattleyaに分類していることです。Potinaraは、旧Brassavola、Cattleya, Laelia、Sophronitisの4属間交配を意味します。一つの例として、写真では少しわかりにくいかもしれませんが、Pot. Paxton Brooks ‘Sunset Glow’の微妙な色調は、旧Cattleya属だけの交配では、出せなかったものと思います。

Pot. Paxton Brooksの親は、Blc(Rhyncattleanthe). Miami GoldとSlc(Cattleya). Final Touchです。Slc. Final Touchは、かの有名なFrank Fordyce氏がSlc.Circle of Life(Lc. Culminant x S.coccinea)の作出より前の1994年にSlc.California ApricotとLc.Drumbeatとの交配で作出された銘品種です。

Pot.Paxton Brooks
Pot.Paxton Brooks

Pot.Paxton Brooks
Pot.Paxton Brooks

いくつかの写真を載せましたが、咲く時期により色が変り、人工光の中でも色あせない独特の光沢は、Sophronitisの贈り物ではないかと思っています。カトレアの楽しみは、大株作りや点数を競うだけでなく、その花の交配者や交配親の特徴をみつけて歴史を旅して未来を夢見るという楽しみかたもあるのではないでしょうか。

Flower Parts Name

今回は、カトレアの花のパーツの名称についてご紹介いたします。皆さまは、セパル、ペタル、リップという呼び名はよくご存じだとおもいます。おさらいですが、セパルは日本語で萼片、ペタルは花弁、真ん中の花弁であるリップは形状が独特です。カトレアは、蘭の多くがそうであるように、萼が3枚、花弁が3枚でそのうちの真ん中のものだけが独特の形を持ったリップとなっています。

ある特定のカトレアの花の素晴らしいところを表現する際には、各部分の名称を使うと便利です。ただ、今まであまり特定の部分の呼び方がはっきりしていないところもありましたので、敢えて皆さまに提案の意味も含めて記載します。これから今年もたくさんの蘭の展示会がありますが、展示されているカトレアを語り合う喜びを共有したいと思っております。

カトレア
カトレアの花の部分の呼び方

ドーサルセパル(Dorsal Sepal):一番上のセパルを意味します。

ラテラルセパル(ローワーセパル Lateral Sepal):下側にあるセパル2枚を意味します。

ペタル(Petal):左右の大きな花弁を意味します。

ミッドリブ(Mid Rib):ペタルの中心線にあるペタルを支える役目をする少し太めになった部分を意味します。このミッドリブの角度により、花の印象が変化します。

リップ(唇弁:Lip):これはペタルの中心から下方に広がった特殊な形をした花弁全体を意味します。

トランペットリップ:リップを真横から見たところをトランペットに見立て外側の筒状の部分があるリップをトランペットリップと呼びます。この写真の花の場合、筒の上の部分は基部からふくよかな丸みのある筒を形成していて、トランペットのカーブとは逆ですが、これも立派なトランペットリップです。このトランペットリップですが、ロングノーズとショートノーズという使い分けもカトレアマニアの方達は使用しています。その例を以下の写真に示します(写真の左側の花の方が違いが鮮明かと思います)。

カトレア
ロングノーズトランペット

カトレア
ショートノーズトランペット

オープンリップ:トランペットリップと対比するリップの形状で、リップの基部の上が開いて筒を作らないものを言います。

カトレア
オープンリップ

バチ弁(Spade Lip):次の写真に示すように、リップの形が三味線のバチの様な形状から名付けられました。海外では、スペードリップと呼ばれています。

カトレア
バチ弁

 

目(Eyes):リップに現れた一般的にリップの基本色より明るい部分を意味します。多くの場合、黄色がかっているので、黄目(Yellow Eyes)とも呼ばれていますが、白色に近い目もあります。また、目が大きくなり左右が合体したリップも数多くあり、その場合色の変っている部分を喉(throat)と呼びます。

サイドローブ(Side Lobe);トランペットリップの筒状の部分の横の部分を意味します。この部分を表現する日本語が今まで無かったので、American Cattleyasの著者である高名な植物学者のDr.Courtney Hackneyさんから米国のカトレアマニアの間で使われている名称として教えていただきました。日本でもこのサイドローブという呼び名が定着し、そこの部分を注視して観察すると思わぬ発見ができます。

黄脈(Vein):リップの中心部分から静脈の様に広がるラインを黄脈と呼びます。勿論この色も必ずしも濃い黄色だけでなく白色に近いものもありますが、黄脈と呼んでいます。C.dowianaの多くは、個体毎に独特な素晴らしい黄脈を持っておりますが、最近の交配種では黄脈が大きく(長く)入るものが少なくなり寂しく思っています。下の写真は、昔の黄花の銘品ですが、黄脈が素晴らしいと思いませんか(中には黄脈をお嫌いな方もいらっしゃいますので、これはあくまでも個人的な感想です)。

大きな黄脈

LipFringe(リップの周辺部分):リップの周囲の部分でいろいろな変化があります。リップの周辺が細かいフリル状になっているものもあれば、あまり切れ込みが多くないリップもあります。また、周辺が覆輪になっているリップもあります。

カトレア
細かい切れ込み

カトレア
切れ込みが多くないリップ

カトレア
覆輪となるリップとソリッドリップ

これらの写真は、ほんの一例です。皆さまもこれから行かれる展示会で花の各パーツをじっくりご覧になると新たな発見があるかもしれません。ご意見、ご感想をお待ちしております。Mailbox@cattleyart.com

2020 Calendar

Calender

2020年のカレンダーができました。いろいろなカトレアが咲いています。

A2サイズ:7枚綴り(表紙を含む)

販売価格:1部 1500円(消費税込み)+送料

2部セット 3000円(消費税 送料込み)

2部セットがお得ですので、mailbox@cattleyart.comへ是非ともメールください。